アスベストを除去して健康被害0~らくらく建物工事情報館~

作業員

除去工事をしましょう

除去にかかる費用の目安

解体を検討している建物などにアスベストが含まれるとわかった場合には、アスベストを除去する工事を行う必要があります。建物を解体せずに撤去のみを行うのであればアスベスト除去会社に除去と撤去の依頼をし、解体を一緒に行う場合には解体業者に依頼して工事を行う必要があります。専門的な技術や知識を有している会社に依頼し、周囲や工事を行う人たちが安全に作業を行うことができるように配慮する必要がありますので依頼する方は除去にどれぐらいの費用がかかるのかを心配します。一般的にアスベストが含まれている部分により異なりますが、20万円程度から数百万円の費用が必要です。含まれている部分が広く除去量が多い場合やアスベストの濃度が高く飛散の確立が高くなる場合には費用が高くなるようです。

アスベストが有害であるとされるまでの歴史

アスベストが現在のように人体に影響を与えるとされる報告が上がるようになってきたのは1930年代であるとされています。しかしながらその危険性を知っていながら第二次世界大戦や高度経済成長期にかけても多くの製品に利用され、建物に吹き付けられていました。アスベストの粉じんが飛散する中で働いていた人の家族などが悪性中皮脂などの影響を訴えるも1975年に発がん性物質であると認定されるまで積極的な使用が行われていました。1975年に発がん性物質と認定され吹き付けアスベストが原則禁止とされても、ほかの綿と混ぜるなどして使用は行われていました。使用や提供、製造や譲渡、輸入などの行為が全面的に禁止されたのは最近の2005年のことでした。